カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合わせ お客様の声 サイトマップ
RSS


   パワーストーン天然石アクセサリー,Grid for Gloryスタッフブログ    Twitterボタン


古代エジプト・ウジャト/ホルスの目

  

古代エジプト・ウジャト/ホルス

ウジャト/ホルスの眼(Udjat/Eye of Horus)

全てを見る目の意を表す「万物照覧の目」とされ、安全と保護のシンボルとされています。

古代エジプト人はホルスの眼を「良好な状態であるもの」を意味する語
「ウジャト」と呼び、人身保護の護符としていました。


個人には身体的繁栄を、宇宙には豊かさをもたらす象徴とされていました。

タカ(ハヤブサ)の頭をもつこの神は、太陽の神でもあり、
天空高くすむタカの眼は太陽と月であるとも考えられていました。

エジプト語でホルスは「天空のはるかかなたに存在する者」という意味です。

ホルスはエジプト神話に登場する天空と太陽の神で、
神話ではオシリスとイシスの子として、セトの敵対者として登場します。

エジプト航空の尾翼には航空安全を願ってホルスが描かれいるそうです。



シンボル選択

商品ページの”シンボルを選ぶ”から

自分のお好みのシンボルに変更することができます↓


ページトップへ