カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合わせ お客様の声 サイトマップ
RSS


   パワーストーン天然石アクセサリー,Grid for Gloryスタッフブログ    Twitterボタン


古代エジプトの色



オーラソーマやカラーセラピーなど、現代においても色が持つ不思議な力は人間と深い関係を持っています。

古代エジプト人もシンボルと同様に、色にも重要な意味を込めていました。鮮やかで豊かな色彩を合わせることによりひとつの世界観を作り、バラエティ豊かに人生を表現し、彩りのあるものにしていました。

これらの豊かな色彩は、古代エジプトでは『iwen』と呼ばれ、人間、物質、そして人生の一部として扱われていて、古代エジプト文化が持つユニークな世界観を表現していました。

一つ一つの色が異なる鉱物や天然石などから作り出され、個性的な意味を持っています。輝く太陽、雄大な青い空、恵みを与えてくれる木々や水。

そういった自然の持つ色から意味を見出していました。古代エジプトで主に使われていた6色をご紹介致します。


エジプト白
* 白(ヘジュ)* 


白は日中、輝く太陽の光の色。豊かな自然を育んでくれる太陽の光。白は全能や純正を表し、聖なる色として用いられていました。神々に衣服、聖なる儀式で身にまとう衣服やサンダルなどの備品が白で描かれています。
***白/透明な天然石を使ったアクセサリーはこちら***

エジプト赤
* 赤(ジュセル)*


昇り来る太陽の色。一日に終わりを告げる、沈み行く夕日の色。そして、私たちの中に流れる血や、煌々と燃える火の色。赤は生命の源の色とともに、戦いに有益な火の色でもあり、勝利の色としても象徴されていました。勝利の際には身体を赤く塗ったと言われています。
赤の天然石を使ったアクセサリーはこちら

エジプト黄
* 黄色/オレンジ(ケニイト)*


煌びやかで神々しく、永遠の輝きを失わない金色。そして太陽の色。永遠性や絶対性を象徴しているとされています。神々の肉体の色や、王のミイラを覆うマスクは黄金や黄色で塗られています。
***黄色/オレンジの天然石を使ったアクセサリーはこちら***


* 緑(ウアジュ)*


ナイルの増水が引き、黒い耕地から最初に芽生える色。青々と元気良く育つ樹木の色。生命や成長、再生復活、若さや繁栄などを象徴していたとされています。死と再生の神オシリスの肌は、マラカイト(孔雀石)から作られた緑色で描かれています。
***緑の天然石を使ったアクセサリーはこちら***

エジプト青
* 青(ケセベジュ)*


どこまでも続き、天まで繋がる雄大な空の色。青は、神の領域である天国と、命の源である水、そして豊かな生活をもたらすナイル河を表していました。”生”そのものを表し、そこには永遠性や復活、喜びなどを見出していました。創造神のアメン、そしてアメン神に関係する神々の髪や肌は、青く描かれています。様々な壁面の色の中で、もっとも色鮮やかに描かれているのが青色です。
***青の天然石を使ったアクセサリーはこちら***


 * 黒(ケム)*


黒は漆黒の闇の色をしていることから、冥界の色とされてきました。犬の頭を持つ冥界の神、アヌビスの頭は黒く描かれ、死者の色とされていた。しかし黒は、その反対に”生”や”裕福さ”を表す時にも使われます。その理由は耕地の色からきています。ナイル河の水からもたらされた、農作物が豊かな耕地を”生”に関連づけていたとされています。
***黒の天然石を使ったアクセサリーはこちら***


ページトップへ